早漏防止とピストン運動の関係

ピストン運動は経験不足だと早漏につながる

女性と性行為をする時に、早漏防止の最大のネックの一つはピストン運動をうまくできるか、ある程度慣れや経験があるか、というポイントがあります。あまり、性的にも経験が乏しい方になると、ピストン運動の刺激に慣れていないために、早漏につながってしまうことがあります。誰しも最初は、失敗や刺激に慣れていないために暴発してしまうことがありますが、ほとんどの場合、経験で自然に刺激に慣れることができます。ただし、強引な方法や心理的な思いこみはプレッシャーにつながるため、十分に注意してください。

予想以上の刺激が早漏につながる

ピストン運動は、オナニーやマスターベーションと違い、性的にも刺激が強く、そのため急速に絶頂感に襲われ、早漏につながってしまいます。早漏防止としては、まだ、刺激に慣れていない方であれば、激しいピストン運動を避ける、などの方法が効果的です。極端に刺激を強く受けないようにコンドームをつける、性行為にある程度時間をかける、などの方法によって、刺激を少なくするなどの対応方法も有効です。極端に刺激を受け過ぎないように、ある程度自分で工夫できるようになれば、早漏を防ぐことができます。

ピストン運動に慣れる

ピストン運動を克服することが早漏防止の近道ですが、最初のうちはなかなか自分のペースがつかめず、苦労する部分もあるでしょう。ただ、ある程度経験を積むことで、確実に早漏防止のコツや、ピストン運動での自分のペースがつかめるようになります。体勢や、リズムなど極端に性的に興奮しないようにすれば、自然と性的に克服できる部分は持てるようになりますから、ある程度、意識をされるようにしてみてください。